業績報告

学会活動学術論文

  • Seiichi Nishio and Shuzo Fujimura," Influence of Traditional Business Practice on Firm Boundaries ? Evidence from the Japanese Automotive and Steel Industries", International Journal of Marketing and Social Policy, Vol.1, No. 1, pp.16-27, 2017

  • 佐藤治・藤村修三、「製品アーキテクチャーが内包する原理的な可能性や制約が競争戦略に及ぼす影響-薄型テレビ市場におけるLCD・PDPの競争事例をもとに-」、『組織科学』、第50巻第1号、pp.70-85、2016年9月
  • T.Tokunaga, S. Fujimura, "A Unified Theory of Design Structure Matrix and Axiomatic Design for Product Architecture", Journal of Modern Project Management, Vol.3, No.3, pp.114-122, 2016

  • 橋本健・藤村修三、 「発明者数の動的変化」, 『研究 技術 計画』, 研究技術計画学会、Vol. 27, No.1/2, 2012
  • Sato, O. and Fujimura, S. (2012). Influence of product architecture on the competition between LCD and PDP technologies, Journal on Innovation and Sustainability, 2012, Vol. 3, No.3, pp.65-78.
  • 佐藤治、藤村修三 (2012) 「製品アーキテクチャーがLCD とPDP の市場競争に与えた影響」, 『2013 組織学会ドクトラル・コンソーシアム査読付報告論文』, 組織学会通信 No.72(2012.12.20 発行).
  • 佐藤治、藤村修三 (2012) 「製品アーキテクチャー形成に関する考察‐ LCD とPDP を事例として‐」, 『組織学会大会論文集』, 2012, Vol.1, No.1, pp.43-49.(査読なし)
  • S. Itoh, T. Tamiya, and S. Fujimura, "Does cultural assimilation affect organizational decision-making on quality-related incidents? - A company's post-M&A experience", Journal of International Management (JIM), 18(2) ,2012, pp.160-179

  • D2平野琢(藤村修三)、 「企業による技術者倫理の制度化と教育活動の意味と必然性 The meaning and Inevitability of setting a ethics code for engineer and educating engineering ethics by private enterprise」, 技術倫理研究 /名古屋工業大学技術倫理研究会, 第8号, 2011年, pp.33-50
  • S. Itoh, T. Tamiya, and S. Fujimura, "Effects of Cultural Assimilation in a Cross-Border M&A",IAENG TRANSACTIONS ON ENGINEERING TECHNOLOGIES, American Institute of Physics, 20-22 Oct. 2009, Vol.4, pp.389-402.に採択
  • OB坂本雅明さん、"How can established firms survive technological discontinuities? A case study on the Japanese
    rechargeable battery industry",International Journal of Business Environment 2010, Vol. 3, No. 3,pp.329-348 に掲載。(Special Issueが3回も続いたため1年半待たされる)
  • 佐藤治(OB)、藤村修三「LCD 産業における日本メーカーの地位低下に関する研究―G4 投資に対する日本メーカーの投資判断を中心に―」、研究論文として『赤門マネジメント・レビュー』,2010年, 9 巻 10 号, pp.693-740
  • D3児玉洋一、「化学企業内での技術伝播-三井化学における半導体表面保護テープ開発の事例-」、化学史研究、2011年1月、第38巻第1号、No.134 、PP.18-27
  • D3坂本雅明、英文論文誌IJBE(International Jaurnal of Business Environment)に論文’How can established firms survive technological discountinuities?:A case study on the Japanese rechargeable battery industry’が採択される。(2009/3)
  • 櫻井良樹,藤村修三、組織科学誌、「イノベーションを創造する人と組織-「シャープ技報」から分析した同社のイノベーションシステム-」、組織科学 Vol.42 No.1 pp.15-25(2008)
  • D2坂本雅明,藤村修三、経営情報学会誌、「セットメーカーにおけるデバイス事業のイノベーションに関する一考察
    -デジタル機器産業における二次電池,ディスプレイ事業の事例研究を通じて-、Journal of the Japna Society for Management Information), vol.17 No.2, September 2008, pp.1-20

学会活動学会等活動 

  • 池添圭吾・藤村修三、 「車の保有効果の定量化に関する研究」、2019年度組織学会研究発表大会(駒澤大学駒沢キャンパス)、2019年6月1-2日(1日)
  • 中村織雄・藤村修三、「日本におけるビジネスジェット普及の可能性−米国における都市圏間飛行頻度に基づく検討−」、 2019年度組織学会研究発表大会(駒澤大学駒沢キャンパス)、 2019年6月1-2日(1日)
  • 笠作貴弥(OB)・藤村 修三、「RFIDビジネスのサービス化に関する考察」、サービス学会第7回国内大会(東京工業大学) 2019年3月2日-3月3日(2日)

  • H. Nishio, S.Fujimura,、"Disruptive innovation can occur even if technology progresses gradually", ISPIM CONNECTS FUKUOKA -Sloving Challenges Through InnovationHilton, Fukuoka Sea Hawk Hotel, Dec2-5,2018 (12/5)
  • 桐山恵理子・藤村修三、「 自然環境と小水力発電の共生のためのローカルナレッジ」、土木学会平成30年度全国大会第73回年次学術講演会-社会システムのイノベーション創出のために、北海道大学札幌キャンパス、2018年8月29-31日(8/29)
  • T.Tokunaga, S.Fujimura,、"Dynamics of Product Design for Creating Market Value", The International Conference on Creativity and Innovation,(ICCI2018) (International House,Osaka), Sep,10-12, 2018(9/11)
  • 西尾精一・藤村修三、「プロセス製品における技術と組織の関係」、2018年度組織学会研究発表大会(東京大学), 2018年6月9日-6月10日(9日)
  • 星崇司・藤村修三、「自動車装備品の市場訴求効果に関する研究」、2018年度組織学会研究発表大会(東京大学), 2018年6月9日-6月10日(9日)
  • 原浩人・藤村修三、「技術倫理に関わる企業不祥事の原因メカニズムに関する事例研究」、2018年度組織学会研究発表大会(東京大学), 2018年6月9日-6月10日(9日)

  • S.Nishio, S. Fujimura, "Influence on Firm Boundaries by Physical Structure of Product Materials", Strategic Management Conference The 2017 Annual Conference in Houston, USA, 28.Oct,-2 Nov., 2017(10/29)
  • 徳永達哉・藤村修三、"Product Design for Innovation"、2017年9月9-10日、日本創造学会研究発表大会(慶応大学)、9/10
  • 徳永達哉・藤村修三、"Product Design and Utility Function"「効用関数と製品設計の関係、「P」、6月17-18日、2017年組織学会研究発表大会(滋賀大学)、20170618
  • 西尾精一・藤村修三、「日本の鉄鋼産業と自動車産業間の企業間関係-製品物性の物理的構造が企業境界に与える影響-」、組織学会研究発表大会(兵庫県立大学神戸商科キャンパス)、2016年6月11日-12日(12日)、
  • S.Nishio, S. Fujimura, "Influence induced by Physical Structures of Product Materials on firm Boundaries - Evidence from the Japanese automotive and steel industries",The 2nd World Conference on Supply Chain Management (WCOSM-2016), Bangkok,Thailand, 26-27 May 2016 (May 27)

  • T.Tokunaga/ S. Fujimura, "The Principle of Modularity", DSM2015, (Dallas, USA), Nov.4-6 2015(Nov.6)
  • S.sakaguchi, S. Fujimura, "THE KEY-FACTOR TO SOLVE COMPLEX PROBLEMS IN A PROJECT GROUP", 16th International CINet Conference in Stockholm Sweden, 13-15 Sep.(9/15).
  • T.Endo/ S.Fujimura,“Can airline customers value aircrafts’ safety represented by technical terms?”, IAREP-SABE 2015( Sibiu, Romania), 3-6 Sep.,2015(9/5)
  • T. Umezawa(OB)/ S.Fujimura,"Spiral technology progress in nanotechnology", ISPIM 2015(Budapest,HUNGARY), 14-17 June 2015(6/16)
  • 梅澤朋一(OB)・藤村修三、「ナノテクノロジー分野における技術進展に関する研究-論文引用解析による検討-」、研究・技術計画学会第29回年次学術大会、(立命館大学びわこ・くさつキャンパス)、2014年10月18〜19日(18日)
  • 西尾泰和(M2)・藤村修三、「シミュレーションによる破壊的イノベーションの理解」、2014年組織学会研究発表大会(札幌大学)、2014年6月21-22日(22日)
  • 徳永達哉(OB)・藤村修三、「Modularityの原理」、2014年組織学会研究発表大会(札幌大学)、2014年6月21-22日(22日)
  • A.Umei(D3) and S. Fujimura, "COMPARISON OF PREDICTABILITY OF THE MEDICAL DEVICE REVIEW PERIOD IN THE UNITED STATES AND JAPAN", ”ISPOR 19TH ANNUAL INTERNATIONAL MEETING”, Montreal QC, Canada, May 31-June 4,2014(June 3)

  • 橋本健(OB)・藤村修三、「発明者数分析を応用した企業R&D人的資源動員の意思決定に関する研究」、研究・技術計画学会第28回年次学術大会、政策大学院大学(東京)、2013年11月2-3日(11月2日)
  • S. Sakaguchi(D2) and S. Fujimura,"HIGH-PERFORMER MANAGEMENT: MUTUAL DEVELOPMENT FACILITATION BETWEEN KNOWLEDGE AND HUMAN RESOURCE", the 2ND WORKSHOP ON TALENT MANAGEMENT(the Hotel Metropole, brussel),2013.10.7-8(10.7)
  • 徳永達哉(OB)・藤村修三、「設計構造行列理論と公理的設計理論の等価性」、日本機械学会2013年年次大会(岡山大学)、2013年9月9-10日(9月10日)
  • T. Tokunaga(OB) and S. Fujimura, "Equivalence of Design Structure Matrix and Axiomatic Design",The 15th International DSM Conference,(University of Melbourne, Australia), 2013.8.29-30(8.30).

  • A. Sato(OB) and S. Fujimura, "Development strategy to manage uncertainty of technology and market:A Case Study on the development of oled display", 19th International Product Development Management Conference(IPDMC),(MANCHESTER, UK), 2012.6.17-19 (6.19)
  • H. Yoshikawa(OB) and S. Fujimura, "Restraining factor of modularization in Automobile Design", 19th International Product Development Management Conference(IPDMC),(MANCHESTER, UK, 2012.6.17-19 (6.18)
  • 佐藤治・藤村修三、「製品アーキテクチャー形成に関する考察‐LCD とPDP を事例として‐」、組織学会研究発表大会(立命館大学)、2012年6月16日
  • OB久保田勝・藤村修三、「日本のエンタープライズ系ソフトウェア産業の構造と中小ソフトウェア企業の競争力の研究」、組織学会研究発表大会(立命館大学)、2012年6月16日
  • T. Hirano and S. Fujimura, "The Study Of Function Of Engineer Professional Associations And Ethical Regulation In Science-And-Technology Governance", 2012 Society for Business Ethics(Boston,MA), August 2-5.(Aug.5)
  • M. Uchida, and S. Fujimura, "Analysis on Differences between Japan and the USA on Pathway from Research and Development to Industry: Vertical Cavity Surface Emitting Laser (VCSEL)", IEEE ITMC2012 (Dallas), June24-27, 2012. (June26)
  • T. Hirano and S. Fujimura, "The meaning and Inevitability of setting a ethics code for engineer and educating engineering ethics by private enterprise"、S.Sakaguchi, "Abstraction in knowledge reuse by high performers" ,The 7th ITEC International Ph.D. Workshop(Doshisha Univ.), 2/24/2012 (Fujimura,Commentatorで参加) Photos 1 2 3

  • K.Hashimoto, and S. Fujimura、”Dynamic Interactions between Knowledge Creation and Resource Mobilization in R&D Management: A Case of the Inkjet Innovation in Japan” , IEEE IEEM2011 (Singapore),12/6-12/9, 2011.12.8
  • O.Sato, and S. Fujimura, "Influence of product architecture on the competition between LCD and PDP technologies", The 8th International Conference on Innovation & Management (ICIM) 2011(RIHGA Royal Hotel Kokura), 11/30-12/2、2011.12.1
  • Y.Kodama, and S. Fujimura,"TRANSFER OF TECHNOLOGICAL CAPABILITIES IN NEW PRODUCT DEVELOPMENT"、 ISEM(Western Cape,South Africa), September21-23, 2011、2011.9.21
  • ISPIM(Alster-hof.,Hamburg)、2011年6月13- 15日、(以下発表者、発表タイトル、発表日)
    N.Yomiya, 'Design productivity of large scale and complicated systems', 20116.14
    S.Sakaguchi, 'The role of Abstraction in Knowledge reuse', 2011.6.13
  • 組織学会研究発表大会(慶應義塾大学SFC)、2011年6月3,4日、(以下6月4日、発表者、発表タイトル)
    四十宮隆俊、「半導体製造装置サブシステムにおける技術伝播―機能水製造装置のケース―」
    細田泰宏、「国内における創薬支援ベンチャーの技術的特性」
    平野琢、「企業による技術者倫理の規制制定および教育活動における効果と課題の検討」
    余宮尚志、「大規模・複雑なシステムの設計生産性に関する研究―半導体設計の考察―」
    坂口小枝、「創造的発達における抽象化の役割:医薬品品質試験者での分析結果」

  • 橋本健・藤村修三、「インクジェット市場創出期の関連企業 R&D マネジメント差に関する考察:公開特許発明者数分析と技術選択の視点から」、研究・技術計画学会(亜細亜大学)、2010年10月9日
  • 日本経営倫理学会(上智大学)、平野琢,藤村修三、2010年10月16日、「日本における学協会の技術者倫理活動が企業の倫理活動に与える影響の考察」 
  • 第3回エネルギー国際教育フォーラム(石垣島)、2010年12月13日
    T.Hirano, and S. Fujimura, 'Study of influence which the activity about the engineering ethics by academic societies had on companies or the engineers who belong to them.'
    余宮尚志、藤村修三、'The Third International Forum on Multidisciplanary Education and Research for Energy Science'
    D3四十宮隆俊、「半導体製造装置サブシステムにおける技術伝播-ターボ分子ポンプのケース-」
    D2橋本健、「インクジェット市場創出期の関連企業-R&Dマネジメント差に関する考察:公開特許発明者数分析と技術選択の視点から」
  • S. Fujimura, Stockholm Environment Institute and Institute for Management of Innovation and Technology, 16‐17 September 2010, PERSONAL INVITATION TO RESEARCH WORKSHOP," Governance of Innovation towards Sustainability:The global transport sector"(招待講演)
  • S. Fujimura, Interuniversity Microelectronics Center(IMEC) Technology Forum 2010(Antwerpen, Belgium 、June8-10) に参加
  • 組織学会研究発表大会(中央大学多摩キャンパス)、 (以下発表者、発表タイトル、発表日)
    藤村修三、「製品アーキテクチャと市場競争力に関する理論的考察-市場適合性向上の条件」、2010年6月6日
    D3児玉洋一、「新製品開発における技術伝播の構造」、2010年6月5日
    D2橋本健、「公開特許発明者数分析をベースにした企業R&Dマネジメントに関する考察」、2010年6月5日
    M2金井隆雄、「鉄鋼製品の工程アーキテクチャに関する考察」、2010年6月5日
    M2川端慧己、「米国特許からみるトヨタプリウスの開発」、2010年6月5日
    OB國井宇雄、「科学知創出と研究プロジェクトメンバーの多様性の関係に関する考察」、2010年6月5日
    OB浅川幸紀、「新技術の普及課題における環境政策と設計行為の定量的研究」、2010年6月5日
    OB澤 清隆、「自動車用ガスケットの開発に関する研究」、2010年6月5日

  • 研究・技術計画学会(成城大学、2009年10月25日)、D3櫻井良樹、「シャープ技報の分析調査(1)─シャープ技報から抽出されたイノベーションキーパーソンとそのアクティビティー」を発表。
  • 国際学会WCECS2009(World Congress on Engineering &Computer Science), Oct.20-22.2009 at San Francisco、D1伊藤敏’World Congress on Engineering and Computer Science 2009’を発表。
  • 国際学会EURO MOT 2009‘The Fourth European Conference on Management of Technology’(2009/9/6-8, Glasgow ,Scotland)、D3竹内寛爾、9/6、”Obstacles to inter-industry collaboration in product development: automobile and semiconductor industries in Japan”を発表。
  • 化学史学会2009年7月5日(大阪大学)、D2児玉洋一、「化学企業内での技術伝播」を発表。
  • 'The XX ISPIM Conference in Vienna, Austria on 21-24 June 2009' 、D3櫻井良樹、 'The research of "key innovation persons" activities in Sharp Corporation through the information of its technical journals'、 
    D2児玉洋一、 '.Innovation Dynamics of High Performance Materials in the Electronics Industry'を発表(6/23)。
  • 平成21年6月6日2009年度組織学会研究発表大会(仙台国際センター)、D3竹内寛爾、(車載半導体の製品開発における産業間コラボレーションの阻害要因)、D2児玉洋一、(半導体産業-液晶産業間における技術伝播に関する一考察)、M2鈴木麻里、(日本における社長人選システムについての研究)・伊藤君(企業統合における品質文化の同化とその効果の事例)が研究成果を発表。

  • 平成20年9月30日、CEATEC JAPAN SPECIAL EXHIBITS「オートモーティブ・スクエア」にて竹内寛爾(D3)が発表。発表タイトル「車載半導体の開発に潜む弊害〜自動車産業と半導体産業の考え方の違いを探る〜」
  • 平成20年6月7日、組織学会(2008年度学会研究発表大会、会場神戸大学)において藤村修三(「製品アーキテクチャと市場競争力に関する理論的考察」)、佐藤治(M2)、(「液晶ディスプレイメーカーの設備投資における技術的判断に関する考察―ノートPC、液晶モニター領域に対する投資を事例として」)が発表。
  • 平成20年3月2日〜3日ITEC国際PhDワークショップ(同志社大学主催)に招かれ北京大学(中国)、UCLA(米国)、オークランド大学(ニュージーランド)、ロンドンスクールオブエコノミー(英国)、同志社大学(日本)の博士課程の学生に混ざって藤村研D1櫻井良樹、"Role of Technical Journal as the index of R&D activities in Enterprise"を発表。
  • 平成20年2月8日(金),TSUNAMI新春交歓会&第104回TSUNAMIビジネスプラン発表会にて藤村研OB高橋さん(2007年3月修了)がパネラーとして出席。

  • 2007年10月12日〜14日、2008年度組織学会年次大会(福岡県九州大学・経営学部にて)藤村研究室博士課程1年櫻井良樹、「『シャープ技報』から分析したシャープのR&D活動」を発表。
  • 2007年10月28日、研究・技術計画学会(亜細亜大学にて)藤村研究室下記3名が発表をした。
    博士課程3年生坂本雅明「能力破壊型技術の選択と組織の垂直統合度の関係に関する考察:二次電池業界における事例研究
    博士課程2年竹内寛爾「車載半導体にみる産業間の技術に対する考え方の相違」
    修士課程2年中嶋豪「『めっき』における技能形成の要諦」

研究会・委員会活動

  • 日本学術振興会、特別研究員等審査会委員、2019年7月1日〜2020年6月30日

  • 株式会社テクノバ、選考委員会委員、平成29年1月4日〜平成30年3月31日
  • 日本学術振興会「未来を創造するイノベーションサイエンスの創生」に関する先導的研究開発委員会委員、平成28年10月26日〜平成31年9月30日
  • 研究・イノベーション学会、評議員、平成27年10月1日〜平成29年9月30日
  • (財)大学基準協会 経営専門職大学院認証評価分科会委員、平成26年4月1日-28年3月31日
  • 産業技術総合研究所、研究ユニット評価委員会委員、平成25年12月5日-平成27年3月31日
  • 研究・技術計画学会、評議員、平成25年10月1日から平成27年9月30日
  • 応用物理学会、和文機関紙外部記者、平成25年4月1日から平成27年3月31日
  • (財)大学基準協会 経営専門職大学院認証評価分科会委員、平成25年4月-26年3月

  • 科学研究費委員会専門委員、平成24年12月-25年11月
  • 新エネルギー・産業技術総合開発機構、NEDO技術委員、平成24年7月-平成26年3月
  • 日本学術振興会、科学研究費委員会専門委員、平成24年12月1日〜平成25年11月30日
  • (財)大学基準協会 経営系専門職大学院認証評価分科会第3群主査、平成24年4月1日〜平成25年3月31日
  • (財)大学基準協会 経営専門職大学院認証評価分科会委員、平成24年4月1日〜平成25年3月31日
  • 研究・技術計画学会評議員、平成23年10月1日〜平成25年9月30日
  • 日本学術振興会、科学研究費委員会専門委員、平成23年12月1日〜平成24年11月30日
  • 独立法人新エネルギー・産業技術総合開発機構、テーマ公募型事業申請書の書面審査専門調査員、平成22年4月1日〜24年3月31日
  • 経済産業省商務情報政策局情報政策課、情報関連事業にかかる評価検討会委員、平成22年4月〜22年3月
  • 経済産業省商務情報政策局情報通信機器課、情報通信機器関連技術に関する施策・事業評価検討会委員、平成22年1月29日〜22年3月31日
  • 経済産業省産業技術環境局大学連携推進課、産学人材育成パートナーシップ事業採択・審査委員会委員、平成21年4月〜23年3月31日
  • 独立法人新エネルギー・産業技術総合開発機構、テーマ公募型事業申請書の書面審査専門調査員、平成21年4月1日〜23年3月31日
  • 独立法人新エネルギー・産業技術総合開発機構、今後の電子・情報産業の技術開発プロジェクトを考える検討会委員、平成21年11月16日〜平成23年3月31日
  • MOT教育コア・カリキュラム開発委員会委員、平成21年度4月〜平成22年度3月
  • 独立行政法人産業技術総合研究所研究ユニット評価委員会(太陽光発電研究センター)委員、2009年9月〜2010年3月31日
  • 独立法人新エネルギー・産業技術総合開発機構、水素社会受容性検討ワーキンググループ委員、平成21年7月〜平成21年12月31日
  • 文部科学省科学技術政策研究所化学技術動向研究センター専門調査員、平成21年4月〜22年3月31日
  • 財団法人福島県産業振興センター「福島県産業人材育成・確保指針策定検討委員会」委員、2008年10月〜2009年3月31日
  • 経済産業省東北経済産業局『「TOHOKUものづくりコリドー」重点産業分野融合領域における基盤技術高度化モデル調査』検討委員会委員、2008年10月〜2009年3月31日
  • 機械振興協会経済研究所’平成20年度事業「日本発のLSIが日本と世界にもたらす価値に関する調査研究’委員会委員、2008年10月1日〜2009年3月31日
  • 文部科学省科学技術政策研究所化学技術動向研究センター専門調査員、平成20年4月〜21年3月31日
  • ドライプロセス国際シンポジウム(The International Symposium on Dry Process (DPS))委員2008年
  • 独立法人新エネルギー・産業技術総合開発機構、水素社会受容性検討ワーキンググループ委員、平成19年11月〜平成20年3月31日
  • 独立行政法人産業技術総合研究所研究ユニット評価委員会(太陽光発電研究センター)委員、2007年11月〜2009年3月31日
  • 経済産業省製造産業局 「自動車の電子化に関する研究会」議事要旨第1回,第2回,第3回,第4回(経産省HPにて)経済産業省商務情報政策局 「IT化の進展と我が国産業の競争力強化に関する研究会」−"我が国産業の強さを活かすIT投資の在り方"中間取りまとめ(案).pdf−(経産省HPにて)
  • 経済産業省商務情報政策局、「IT化の進展と我が国産業の競争力強化に関する研究会」委員、平成19年
  • 経済産業研究所「共同研究開発における情報共有」(2007),、ディスカッションペーパー.pdf(RIETI HPにて)

メディア掲載

著書・関連書籍

過去の業績

     ●研究などの業績(2002年4月1日〜2004年3月31日)