研究室メンバー

研究室メンバー(OB・OG)はこちら
留学生など

Professor fujimura shuzo 心優しいボスです。学生への指導も温かくきめ細やかです。ご本人の独り言はこちら。研究紹介はこちら。
Secretary mizuno miki 藤村研へ来て12年目になりました。趣味は食べ飲み歩き、さまよい歩き(温泉&海向こう) とあらたにバレトン。。最近は某イタリア航空会社のせいにより♪vivaイタリア♪熱がすっかり冷めました
D3 yomiya hisashi 東工大の数学専攻を修了し、現在は国内大手電機メーカにて、システム・ソフトウェア生産技術の研究開発をしています。 昨年度、東工大の専門職学位過程を修了し、博士課程に進学、引き続き藤村研でお世話になることになりました。 専門職学位過程では、半導体の設計生産性を研究しました。技術の視点だけで製造業の課題を解決するには、限界が生じていると思います。特に、半導体をはじめとした大規模かつ複雑なシステムの設計、製造、保守と言った問題には、技術経営が不可欠だと強く感じています。 製造業における日本の弱体化がさけばれる中、「21世紀の新しい技術立国日本」を再構築していくのが大きな目標です。博士課程では、学術的だけではなく、社会的にも大きな研究成果を生み出したいと思っています。今後とも、よろしくお願いいたします。
D3 tokunaga tatsuya MOT研究からイノベーションが起こる原理を解明したい。
D3 nishio seiichi 鉄鋼メーカーに37年間勤務し、リタイア後に藤村研究室にお世話になっております。 製造業の経営を技術の視点から考察してみたいと考えております。どうぞよろしくお願い致します。
D3 Yang Dongying Chinese. 25 years old. Graduated from University of Southern California, Department of Industrial and System Engineering on 07/2015. By my life in American, I realized that cross-cultural communication is an important field which need to be researched. Meanwhile, I am really interested in it. Fortunately, Professor Fujimura allowed me to do the research in his Lab. Now, I am trying my best to solve this problem.
D3 Hoshi Takashi 自動車業界に身をおきつつ、修士課程より藤村研究室でお世話になっております。この度博士課程に進み、引き続きお世話になることになりました。修士課程では自動車装備品の 市場訴求効果に関する研究を行っておりました。最終的にはモビリティの価値を訴求するための技術的性質とは?を理解することを望みます。

D2

 

Hara Hiroto 技術者が元気で、世のため人のために頑張れる世の中であってほしいという思いを何らかの研究のカタチにできればと思っています。最近、技術に関わる意思決定や行動が社会に大きな影響を与えるようになってきました。技術倫理を技術と経営の側面からMOT的に考察して、現場力への示唆につながるような研究を目指したいと思います。
D2 T. Yasushi

;

;

D2

 

Ikezoe keigo 100年に一度の変革期と言われている自動車業界ですが、世に氾濫している予測・展望はあまりにも表面的。そこにある本質を見極め、本当にやらなければいけないことをしっかりと定義したい。そのためには、しっかり腰を据えた“研究”が必要、ということで、藤村研究室にお世話になる決心をしました。いろいろなことを吸収していきたいと思います。
D1

Nakamura Orio

機械メーカーで研究開発業務に携わっています。業界の発展や製品の普及に貢献できるような知識を身に着けたいと思っています。
M2 kakuda kumiyo 酒類メーカーで商品開発を担当しています。 数千年の歴史を持つローテク産業ではありますが、技術経営学の観点から新風を吹き込むことができればと思い MOTに入学しました。
M2 Yamada Shunnosuke 社会経験のない学生です。まだまだ至らないところも多いので、レベルアップ目指して頑張ります。ラーメンが世界を変える。
M2 Watanabe Yoshinobu 自動車会社で研究開発を行う社会人学生です。人々に感動をもって迎え入れられる製品を世に送り出したい。そのために、思考の広さと深さを身に着けたいと思います。
M1 Saito Yoshiteru 空調機メーカーで経営企画を担当しています。保有技術の見える化に興味を持っています。企業のもつ技術を要素レベルに分解して見えるようになれば、営業側・技術側の双方で適切に議論が進み、イノベーションの創発に繋がるのでは、、、そんなことを研究したいと思っています。
M1 Neki Yusuke
欧州系半導体メーカー出身で現在はRFIDタグメーカーにて営業マーケティング職についております。文系出身ではありますが、技術思考を身につけ鍛え直したいと思いMOTに入学、藤村研究室にお世話になろうと思いました。実践的な研究を目指します
M1 Shikama Norio 情報通信関連企業で人事情報管理のソフトウェアに携わっています。継続的に価値を生み出せる組織制度、働き方などに興味をもっています。MOTではそういったテーマを研究したいと考えています。かつ、それを自分にも適用して働き方を変えていきたいと考えています。

研究室メンバー(OB・OG)はこちら